インタビュー:ドラマ復帰イ・ミンホ心境語る(上)(下)

画像

『花より男子~Boys Over Flowers』(以下『花男』)以来約1年ぶりにドラマ復帰を控えたイ・ミンホに会った。最近、MBC新水木ドラマ『個人の趣向』にキャスティングされてから、作品の準備に余念がなかった彼には、緊張感より余裕があふれている。
バイラルブログ(www.viralblog.co.kr)のスターインタビューで、イ・ミンホは「これまで表舞台に出ていなかったが、どう過ごしていたのか?」という最初の質問に、「家に引きこもっていました」とにっこり笑った。インタビュアーたちの間に、笑いと感心の声が同時に上がった。女心をつかむ魅力は昔のままだった。
『花男』のク・ジュンピョ役で一躍スターダムにのし上がったイ・ミンホ。ソン・イェジンと共演する新ドラマ『個人の趣向』で、建築設計士チョン・ジンホ役を演じる。ゲイの恋人をほしがっている女性のルームメートになろうと、ゲイを装う男だ。
イ・ミンホは「キャスティング当時、“イ・ミンホ同性愛者に変身”という記事が出て、衝撃を受けました」と話し、「ゲイの設定がクローズアップされましたが、本当はゲイではない。状況のため意志とは関係なく、誤解を受けるのです」と説明した。
おかげでゲイの役作りをする必要はないという。その代わり、イ・ミンホは建築の勉強にすっかり熱中した。原作小説はわざと飛ばしながら読んでいる。原作に縛られてしまうかもしれないからだ。
 『花男』以降、プレッシャーがなかったわけがない。慎重に次回作を選んだ彼は、ひとまず心を決めたら、あれこれ考えず作品に飛び込んだ。そういう“性格”だという。
 「作品を選ぶまではすごく悩みました。でも、とりあえず決めたので、気持ちが楽になりました」
今のところ、まだ相手役ソン・イェジンと顔合わせをしていないが、初共演が楽しみな様子だった。彼は特にドラマ『恋愛時代』でのキャラクターを一番覚えているとのこと。「穏やかだった感情線が一番記憶に残っています。そのときの印象がとても良かった」と振り返った。
画像

意地悪な質問も続いた。一番親しい男友達がゲイだと言って、愛を告白してきたら? もし女優に生まれていたら?困ったように苦笑いしたが、イ・ミンホは正直に答えた。
「それも親友ということですよね…。そんな不祥事がないことを願いますが。自分だったら、負担を感じると思います。僕ではなく、ほかの人を好きだったら理解できるかもしれませんが、なんかちょっと気まずいだろうし。それでも友達としては付き合うと思います」
続けて「女性は気を遣うことが多くて疲れそう。毎日化粧もして、注意しなければいけないことも多いし。僕も今メークしてるじゃないかって? これは自分でしたわけではないじゃないですか。どうせ女優に生まれるのなら、マリリン・モンローのように希代のアイコンになりたいです。韓国女優ならキム・ヘスさん? もし自分が女性に生まれてたら、女性だからといって、きちんと生きてはいなかったと思います」
イ・ミンホは熱狂的なファン層を持つスターだ。最近彼のファンクラブは、イ・ミンホの名前で、ハイチ大地震の被災者に義援金を寄付し、話題を集めた。彼はその事実を記事で知ったという。
「家まで来るファンはほとんどいません。僕の生活を守ってくれています。そうしながらも、このように率先して良い行いをしてくださる。本当にファンたちにはとても感謝しています」と話した。
画像

イ・ミンホは自分を“正直な人間”と表現した。イケメンという修飾語に対しては、「僕は(イケメンというより)癒し系に近い。印象が良くて、気楽な方だと思います」とし、「顔が小さくないですから」と笑った。
今後の仕事については「映画の出演計画は当然あります。一日も早くやりたい」としながらも、「今はドラマ撮影の準備で忙しいですが、まずはドラマをうまくやり遂げたい」と力強く語った。
「演技で認められたいです。年を取ったら、後輩に尊敬される俳優になりたい。そして何より素晴らしい人間になりたいです」と抱負を語った。

キム・ヒョンロク記者
エンタメコリア記事より

*もう、ミンホ君みてるだけで癒されるわね(^-^)イケメン万歳!


イ・ミンホ写真集 『 旅 Travel with MINHO』
インタラクティブメディアミックス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック