韓国ドラマ『サイン』初の20%突破、水木ドラマ1位の座固める

画像

SBS水木ドラマ『サイン』がついに視聴率20%の壁を突破した。

11日、視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによれば、10日夜放送された『サイン』は、20.6%の全国視聴率を記録した。これは、前日放送分視聴率19.2%から1.4ポイント上昇した数値。『サイン』は連日自己最高視聴率を更新し、快調な視聴率上昇の勢いを見せている。

10日放送された『サイン』は、ユン・ジフン(パク・シニャン)とイ・ミョンハン(チョン・グァンリョル)のカリスマ対決が、注目を浴び、チョン・ビョンド(ソン・ジェホ)の自殺をめぐる二人の対立は、より一層深くなった。一大企業で起こる連鎖不審死が、毒殺であったという事実が発覚し、20年前ユン・ジフンの父の疑問死も、少しずつ明らかになりドラマに面白みを加えた。一方、同時間帯放送されたMBC『マイプリンセス』は14.8%、KBS 2TV『プレジデント』は7.5%を各々記録した。

Innolife.net記事より

*高額ギャラが非難されてる中、パク・シニャンさん、頑張ってます!
ドラマの挿入歌、新超星君たちが参加してるんですね(°∀°)b




韓国ドラマ「サイン」ost

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント