BIGBANGメンバーの「理想のタイプ」は?

画像

約2年ぶりにニューアルバムをリリースしたBIGBANGは今年、これまで以上の活躍を誓っている。G-DRAGON、T.O.P、SOL、D-LITE、V.Iのメンバー5人は、4thミニアルバム『BIGBANG is Back』を引っさげ帰ってきた。空白期間中、ユニットやソロ活動でもヒットを飛ばし続けてきた5人が再結集、そのエネルギーは想像をはるかに超えるほどパワフルだ。BIGBANGとして活動しようという渇望が強かったのか、リーダーのG-DRAGONは「これまで一度も、こんなに意欲的になったことはなかった。今年はBIGBANGとしていろいろやってみたい。BIGBANGの年にする」と目標を明確に語った。

■BIGBANG、これからは全世界の人々を楽しませる

 「一番変わったのは何?」と聞くと、メンバーたちは「成長」という言葉を使って答えた。

画像

G-DRAGONは「日本での活動や個々の活動を通じ、メンバーがとても成長した。これまでは『少年BIGBANG』だったというか…。今はBIGBANGというチームにピッタリの服を着ている感じ」と説明した。SOLは「前回のアルバムまでは『成長中のアイドル』だったと言える。でも、今回はもう少しミュージシャンに近づいた。単にグループのアルバムではなく、5人のアーティストが集まって作ったコラボレーション・アルバムとも言える」と語った。

彼らの説明通り、BIGBANGは2006年にデビューしてから、いつの間にかもうデビュー5年になる。また、一番年下のV.Iが満20歳になったため、10代のアイドルではなく、「20代のグループ」になった。

音楽もそれだけ成長した。BIGBANGはヒット曲『嘘(うそ)』に代表される以前のスタイルを繰り返すのではなく、新たな「BIGBANGスタイル」を提示した。デジタルサウンドとアナログの感性を融合させた「デジタルログ(Digitalog)」がそれだ。リード曲『Tonight(トゥナイト)』でエレクトロニカ・サウンドとアコースティック・ギターの音色が一つになっているように、デジタルとアナログが最新のスタイルと温かな感性となり共存している。

*top君、( ̄□ ̄;)!!これ「子泣きジジイファション?」
画像

今や、BIGBANGの音楽にはアジアだけでなく、全世界が注目している。実際に今回のアルバムは韓国語アルバムで、現地プロモーションがなかったのにもかかわらず、米ビルボードチャートで新人歌手たちのアルバム売り上げ枚数を集計する「ヒートシーカーズ(Heatseekers)」アルバムチャートで7位、ワールド・アルバムチャートで3位に入った。また、米アイチューンズ(iTunes)の総合アルバムチャートでも6位になっている。

BIGBANGは「僕たちの歌を料理に例えると、以前は韓国人の口に合わせたものを作っていた。でも、これからは世界の人々の口に合わせた料理と言えるだろう。ほかの国のシンガーたちと競い合うことになるため、さらに大きな責任を持つことになる」と話している。

■BIGBANGの自由さはどこから来る?

画像

BIGBANGがほかのアイドルグループと最も大きく違うのは、ステージ自体の楽しみ方を知っているということだ。これは、ほかのグループが見せる息ピッタリのダンスをはるかにしのぐ。ステージをいっぱいにするBIGBANGメンバーの「自由な魂」は、見る人々を自ずと楽しませてくれる。難度が高いレッスンを長期間受けることによってできる機械的なテクニックではない。原始的な「オーラ」がさく裂するステージなのだ。

このように自由なステージはどこから来るのだろうか。メンバーたちは「YGエンターテインメント所属のアーティストたち全体に言える傾向」と説明する。G-DRAGONは「YGという囲いの中で生活していたら、そう変わるんだと思う。言葉では説明しにくいけれども、所属アーティストからマネージャーまで、同じようなマインドを持つようになる。規則を超えたその何かが僕たちを強くまとめてくれる。所属事務所の家族(仲間)たちは従来からある規則に抵抗するような気質を持っている。多分、ヒップホップ・ミュージックを主に聞いているからそうなるんだと思う」と言って笑った。

T.O.Pは「音楽的な部分やステージ演出はメンバー5人の意見を総合した結果だ。だから、どんなステージに立つのかにより、現場ですぐ手直しできる。そうした所が、見る人に自由さを感じさせるのだろう」と分析した。

最近はアイドルグループについて、所属事務所とのもめ事やメンバーの資質など多くの問題が取りざたされているが、BIGBANGが大きく揺らぐことはない。G-DRAGONは「アイドルグループの多くは寝る時間もあまりないし、ずっと仕事を続けなければならないから、100%のステージを見せられない場合が多い。そうしているうちに、自分のステージに疑問を持つようになる。そういうときほど時間的な余裕を持ち、自分の姿を考える時間が必要だ」とアドバイスした。

BIGBANGは自他共に認める韓国最高のアイドルグループになった。これに対しメンバーたちは「最高とは思わない。ただ、長く活動をしているから、後輩グループはたくさんできた。以前とは違って、どんなステージに立っても気持ちが楽になったのは事実」と謙遜(けんそん)して言った。

■BIGBANGメンバーの理想のタイプは?

画像

「20代のグループ」になったから、メンバー同士で酒を飲むこともある。しかし、BIGBANGはG-DRAGON、T.O.P、V.Iが属する「酒流派」と、SOL、D-LITEの「非酒流派」にはっきりと分かれる。それでも、酒の席で気まずいムードになることはない。D-LITEは「非酒流派はお酒は飲まない代わりに『おつまみキラー』。一緒に話すのが大好きだから、お酒を飲まなくても酒の席は楽しい」と笑顔で話す。では、BIGBANGで一番の酒豪は? メンバーは全員、ためらうことなくT.O.Pの名前を挙げた。

みんなエネルギーいっぱいの年齢だけに、理想のタイプの女性について話題を振ると、急に会話に弾みが付き始めた。「僕がしている仕事を理解してくれて、支えてくれる女性ならいいな。笑顔がかわいい女性が好き」と口火を切ったのはD-LITE。初めて理想のタイプを告白するというSOLは「気持ちが同じならいい。彼女を見て『もっと頑張らなくちゃ』と刺激を受けられたら。ルックスは小さいころから西欧風のイメージの女性が好きだった」と言って驚かせた。

G-DRAGONは「ボブヘアでボーイッシュな女性が好きだった。でも最近は一緒にいて気持ちが安らぐ女性が好き」と話し、T.O.Pは「賢明な人がいい。それから、年上の人に礼儀正しい人が好き。ただ、結婚は少し遅くなるだろう」と語った。

最後に、V.Iは「活動が忙しいので、電話で話すことが多くなってしまう。だから、声がかわいくて愛嬌(あいきょう)がある人が好き。外見的には、芸能人の中で言えばユイぐらいかな?」と「爆弾発言」を残し、久しぶりのインタビューを締めくくった。

画像


イ・ジョンヒョク記者
写真提供=YGエンターテインメント
エンタメコリア記事より



[日本語字幕 & 歌詞 & カナルビ] BIGBANG(빅뱅) - Tonight




角田健一ビッグバンド/BIG BAND SOUND〜甦るビッグバンドステージ〜
アサヒレコード
ジャンル:ジャズ/フュージョンアーティストカナ:ツノダ ケンイチビツグバンドアーティスト:角田健一ビ

楽天市場 by 角田健一ビッグバンド/BIG BAND SOUND〜甦るビッグバンドステージ〜 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

BIGBANG 1st LIVE DVD/THE REAL SINCE2007 [韓国輸入盤]
韓国

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BIGBANG 1st LIVE DVD/THE REAL SINCE2007 [韓国輸入盤] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント