ドラマ「姫の男」の熱演で注目されるパク・シフ

画像

KBS第2の時代劇「姫の男」で主演を務める俳優パク・シフの熱演が話題となっている。ドラマは彼の熱演もあり視聴率が20%を突破、勢いに乗っている。先ごろ聯合ニュースの電話インタビューに応じたパク・シフは「これまでとは異なる役を演じたかったが、ついに実現しカタルシスを感じている。周囲の反応も上々で楽しくやっている」と感想を伝えた。
 
これまで財閥の御曹司や弁護士などダンディーな人物ばかりを演じてきたが、今回は復讐(ふくしゅう)に燃えるタフな男に挑戦している。「姫の男」は、朝鮮王朝第5代王・文宗の弟、首陽大君が幼いおいの第6代王・端宗から王位を奪うため、文宗の忠臣だった金宗瑞(キム・ジョンソ)らを殺害した事件「癸酉靖難」を背景にしている。

パク・シフが演じるのは金宗瑞の末息子キム・スンユ。ドラマはこれからキム・スンユの復讐に焦点を合わせる。また、首陽大君の長女イ・セリョン(ムン・チェウォン)とのかなわぬ恋の切なさも見どころだ。
 
キム・スンユは父親を殺害されてから口数が少なくなった。そのため、目で感情を表現するシーンが多くなっている。ややもすれば、下手に見られかねない役どころだが、うまく消化している。「期待以上」という反応とともに、演技が成熟したとの評価を受けている。
 
ドラマを撮影した3日間の睡眠時間はわずか10分。撮影量が多く、ハードなスケジュールが続いているようだ。1日に放送された第14話ではセリョンがスンユの代わりに弓矢で射られて倒れた。次のストーリが気になるが、忙しすぎてまだ次の脚本を読めなかったという。
 
ドラマの結末も気になるところだが、パク・シフはあえて作家に聞かないようにしている。スンユの感情に入り込み、ストーリを追っている。27歳でデビューし、いつの間にか6年が経った。撮影するときは苦労するが、そうしたプロセスを経てテレビ放映されるとやりがいを感じる。「デビューした当時も今も演技に対する気持ちに変わりはない。出演比重と関係なく、作品を楽しみながら演じようと努力している」と話す。一方、「姫の男」は1日に放送された第14話で、全国視聴率21.8%を記録。同時間帯に放送されたドラマの視聴率でトップとなった。

画像


WOWKOREA記事より

*昨日に続きですが、パク・シフ君が大人気、色んなメディアに(*^ー^)ノ
取り上げられてますね!シフ君も視聴率が20%越えに、かなり喜んでいるそうです!



ダイエット器具なら
ダイエット器具マーケット
携帯はこちらから







逆転の女王 DVD-BOX 4 <完全版>
ポニーキャニオン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 逆転の女王 DVD-BOX 4 <完全版> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント