テーマ:韓国ドラマ

『ボスを守れ』出演陣、松餅で挨拶「和気あいあい」

SBS水木ドラマ『ボスを守れ』の出演陣が、松餅で愛嬌にあふれた秋夕(旧盆)の挨拶をした。 10日、『ボスを守れ』制作スタッフは、SBS木洞社屋で撮影を行なっていた。制作スタッフは出演陣に「私たちも視聴者の方々に秋夕の挨拶をしよう」と提案し、ちょうど『ボスを守れ』のファンを自認する一山のある餅店が、真心込めて贈ってくれた松餅で挨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋夕(旧盆)は『成均館スキャンダル』と共に…

人気ドラマ『成均館スキャンダル』劇場版が、10日夜12時、QTVで放送される。 初めて公開される『成均館スキャンダル:ザ・ムービー』は、20部作ドラマを再構成、編集して2時間映画を誕生させた作品だ。『成均館スキャンダル』は朝鮮時代の国学成均館を主舞台に、若い儒者たちの夢と理想を描いた青春史劇だ。イ・ソンジュン(パク・ユチョン)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『女の香り』制作関係者にも結末を口止め!キム・ソナの運命は?

残り2話となった『女の香り』の結末に視聴者の関心が集まっている。SBS週末ドラマ『女の香り』中で、一番興味を示しているのは、胆のう癌を宣告されたイ・ヨンジェ(キム・ソナ)の運命はどうなるのか。予測できない最終回の結末に、多くの視聴者が憶測している。 現在、『女の香り』の出演者やスタッフにも結末を口止めしている状況。台本はもちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハイキック3』ポスター4種公開

19日に始まるシチュエーション・コメディー『ハイキック3  短足の逆襲』。アン・ネサン、ユン・ユソン、ユン・ゲサン、ソ・ジソク、パク・ハソンらの出演で注目を集めている同番組のポスター4種類が公開された。写真提供=MBC チョン・ヘウク記者 *こんなにもポスター作る必要があるんでしょうか(爆) 出演者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KBS、週間視聴率トップ5独占…ドラマ、芸能プロで優勢

KBSがドラマと芸能プログラムなどで優勢で、週間視聴率トップ5を独占した。 5日、視聴率調査機関AGBニールセンメディアリサーチによると、8月29日から9月4日まで放送された地上波3社の視聴率1位は、KBS1TVの連続ドラマ『我が家の女たち』であると集計された。『我が家の女たち』は先週より1.2%ポイント上昇した22.2%の視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドリームハイ』イベントにペ・ヨンジュン、2PMテギョン、ウヨンら出演

4日、ドラマ『ドリームハイ』DVD発売記念「ドリームハイプレミアムイベント2011」がさいたまスーパーアリーナにて開催された。このイベントは、同DVD予約購入者を招待して行われたもので、1万2000人が会場を埋めた。 イベントには、同ドラマで制作を務め、また約3年ぶりに特別出演ながらドラマ復帰したペ・ヨンジュン、そして共同制作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視聴率:『姫の男』続伸21.8%

KBS第2のドラマ『姫の男』の視聴率がついに20%を突破した。 1日に放送された『姫の男』第14話の視聴率は、前回比1.1ポイント増の21.8%(2日、AGBニールセン・メディア・リサーチ調べ)で、同時間帯1位だった。同時間帯に放送されたSBS『ボスを守れ』は前回比0.6ポイント減の16.0%、MBC『負けてたまるか』は前回比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FTIslandのイ・ホンギ、韓日合作ドラマで歌手志望生を熱演

グループFTIslandのイ・ホンギがKBS秋夕特集ドラマ『ノリコ、ソウルに行く』で歌手を夢見る熱血青年ミンハ役でキャスティングされて熱演を繰り広げている。子役演技者出身で『イケメンですね』で演技力が認められているイ・ホンギは、歌手と演技者を行き来するハードスケジュールを消化していると伝えられた。演出を行ったイ・ギョウクPDは「歌手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ「製パン王キム・タック」

*めちゃめちゃ小さくてすみません。 ちょうど半分ぐらい観ました。 昨日は、タックに泣かされまさした(w_-;時代背景が70~80年代の製パン界なので、 なんか良い意味では懐かしいですが・・・そこで! ◆今まででちょっと気になったメモ ベテラン俳優さん方、特に序盤では若い頃の再現なので イルチュン役のチョン・グァン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【フォト】『ハイキック3』豪華ポスター公開

人気シチュエーション・コメディー『ハイキック』シリーズの最新作『ハイキック3、短足の逆襲』(仮題)のポスターが公開された。MBCによると、ポスター撮影は今月16日午後、京畿道高陽市一山にあるドリームセンターで行われたという。26日に公開されたポスターは「豪華な彼らが近づいてきた」というテーマで、ファッショングラビアのような高品格な仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドリーム・ハイ』シーズン2…キーイースト&JYP&SM意気投合

今年初旬、注目を集めながら放送されたドラマ『ドリーム・ハイ』はシーズン2の放送を目標に、現在制作の初期段階に突入した。『ドリーム・ハイ』シーズン2は、シーズン1の制作に参加したキーイーストとJYPだけでなく、SMも合流し、規模やキャスティングなどの面でより豪華になると期待が寄せられている。『ドリーム・ハイ2』プロジェクトにSMが合流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人気者が激突! 水木ドラマの勝者は?

韓流スター3人の水木ドラマでの戦いが興味深い。 『オレのことスキでしょ。』(MBC)のジョン・ヨンファ、『姫の男』(KBS第2)のパク・シフに続き、3日にスタートした『ボスを守れ』(SBS)のキム・ジェジュンが加わった。 3人にとって、これらの作品は「初めて」という特別な意味がある。ジョン・ヨンファにとっては、初のドラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人が選んだ最高の韓国ドラマは?

『冬のソナタ』が日本で最高の韓国ドラマに選ばれた。 朝日テレビの看板芸能番組『スマステーション』は、最新韓流ドラマのスペシャル編を放送した。 『スマステーション』は、国民的アイドルSMAPのメンバーがMCを務める番組。『スマステーション』は「現在、日本では、新しいスターが登場する第3の韓流ドラマブームが起きている」とし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ『ボスを守れ』、海外でも高い人気

【チェ・ボラン記者】水木ドラマ『ボスを守れ』(SBS)が、海外から熱い関心を受けている。5日、番組の海外輸出を担当するSBSコンテンツハーブは「『ボスを守れ』に対する海外の関心度がすごく高い」とし、「現在、アジアのマーケットで一番注目されている作品で、各国の多くの配給会社が輸入に関して話し合っているところ」と伝えた。SBSコンテンツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェジュン、韓国ドラマ初出演決定

SBS新水木ドラマ『ボスが変わりました』(仮題)のキャストが決定した。 23日、同ドラマの制作会社が発表したところによると、チソン、チェ・ガンヒ、ジェジュン(JYJ)、ワン・ジヘ、パク・ヨンギュ、チャ・ファヨン、キム・チョンらが出演する。 チソンは財閥企業の世間知らずの末息子チャ・ジホン役を、チェ・ガンヒは失業者から紆余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シティーハンター』イ・ミノ、パク・ミニョン、イ・ジュニョク、ク・ハラ、台本三昧

SBS新水木ドラマ『シティーハンター』の主役たちが、演技の秘訣に選ぶ熱血台本練習現場が公開された。イ・ミノ、パク・ミニョン、イ・ジュニョク、ク・ハラなど『シティーハンター』主要出演陣は、撮影するごとに台本を几帳面に確認して互いに呼吸を合わせるなど、時と場所を選ばずにドラマへの愛情を見せている。 特にイ・ミノは撮影の合間あいまに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『君は僕に恋をした』ポスター撮影現場写真が公開

今夏に放送される青春ドラマ『君は僕に恋をした』(MBC)のポスター撮影現場が公開された。 25日に行われたポスター撮影にはジョン・ヨンファ、パク・シネ、ソン・チャンウィ、ソ・イヒョン、カン・ミンヒョク、ウリ、イ・ヒョンジン、イム・セミらが参加。バスをバックに、空を指差すポーズを取っている出演者たち。お揃いのホワイトパンツ、ホワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視聴率:韓国ドラマ『ミス・リプリー』第1話13.2%

キム・スンウ、イ・ダヘ、ユチョン、カン・ヘジョンらが出演するMBCの新ドラマ『ミス・リプリー』が好調な滑り出しを見せた。30日に放送されたMBC『ミス・リプリー』第1話の全国全日視聴率は、13.2%(31日、AGBニールセン・メディアリサーチ調べ、以下同じ)だった。一方、同時間帯に放送されたKBS第2『童顔美女』は前回比1.8ポイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不気味でミステリアス」ポスター5種公開=『リプリー』

MBCの新月火ドラマ『リプリー』でメーンポスター5種が公開された。16日に公開されたメーンポスターには、独特の白いマスクをかぶった群集の中で立ち止まるユチョン、イ・ダヘ、キム・スンウ、カン・ヘジョンの姿が写っている。白マスクの人々の画像はぶれており、何とも不気味なムードが漂っている。人間の欲望と愛を鋭い映像美で描く『リプリー』は30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『いばらの鳥』&『49日』熾烈な2位争い

[写真=上:いばらの鳥、下:49日] 最近、水木ドラマが繰り広げている熾烈な“視聴率戦争”が注目されている。特に独走態勢の1位を置いて、2位と3位のシーソーゲームには興味をそそられる。14日、視聴率調査会社のAGBニールセンメディアリサーチによると、4月13日に放送された『いばらの鳥』の視聴率は10.3%を記録した。これは 4月7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユチョンらがドラマヒット祈願~韓国ドラマ『リプリー』

5月にスタートするMBCの新月火ドラマ『リプリー』(仮題)で、キム・スンウ、イ・ダヘ、ユチョン、カン・ヘジョンがドラマのヒット祈願を行った。21日、京畿道竜仁市のMBCセットで行われたヒット祈願には、メーンキャスト4人と関係者、制作スタッフらが勢ぞろいし、高視聴率とドラマのヒットを祈った。 儀式の順番を待つ間、イ・ダヘとユチョンは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視聴率:韓国ドラマ『笑ってトンヘ』40.5%

夜の帯ドラマ『笑ってトンヘ』(KBS第1)はついに視聴率40%を突破した。 24日に放送された『笑って、トンヘ』第123話は全国視聴率40.5%(25日、AGBニールセン・メディアリサーチ調べ、以下同じ)だった。このドラマは最近30%台後半で推移、地上波3局の全番組で最も人気が高い。だが、AGBニールセン・メディアリサーチ調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アテナ』チョン・ウソン負傷で放送中止

25日に放送予定だった月火ドラマ『アテナ:戦争の女神』(SBS)が、放送中止となった。 この日は、『スエの秘密』というタイトルの番外編が代替放送された。SBSと制作会社テウォンエンターテインメント側は、当初この日の放送中止を防ぐため、緊急会議を開いたが、結局放送は難しいと判断した。 23日、チョン・ウソンとチョン・チャヌは同ドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シークレット・ガーデン』未公開NGカット公開

大好評のうちに終了を迎えたSBSの週末ドラマ『シークレット・ガーデン』。公式ホームページには未公開だった写真が掲載され、ファンを楽しませている。ドラマは16日に終了。だが、公式ホームページにはシーンの一つ一つを忘れられないファンのアクセスが相次いでいる。そこで、ファンのために掲載されたのが、こうした撮影現場風景を収めた写真だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アテナ:戦争の女神』本格的などんでん返しと大作戦予告

SBS大企画ドラマ『アテナ:戦争の女神』が11回目から、新しい展開が予定されている。 回が進むほど『アテナ:戦争の女神』のエキサイティングなストーリー展開が視聴者たちをひきつけている中で、本格的な作戦を皮切りに、大逆転を予告している。その中で新型原子炉をめぐるNTSとDIS、『アテナ』、大統領府、北朝鮮などの勢力とその中の人物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒョンビン、ユン・サンヒョン、イ・ピリップが泣く、視聴者も一緒に泣く

SBSTV週末ドラマ『シークレットガーデン』のヒョンビン、ユン・サンヒョンの涙の演技が好評である。百貨店の社長チュウォン(ヒョンビン)と韓流スターオスカー(ユン・サンヒョン)、武術監督(ジョンス)は自分だけの愛の方法を伝え、視聴者の注目を浴びている。 性格が悪く傲慢だがライム(ハ・ジウォン)への積極的な愛情攻撃は女心を揺らが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シークレット・ガーデン』ヒョンビン、無限な魅力の終わりは?

SBSの週末ドラマ『シークレット・ガーデン』のヒョンビンが「ぶっきらぼうなシティーボーイ」から「見栄っぱり男」まで、無限の魅力を発散して女心を揺さぶっている。 ヒョンビンは放送序盤、自己中心的でぶっきらぼうで堂々とした態度から「ぶっきらぼうなシティーボーイ」という愛称を得た。イタリアの匠が一針一針縫ったトレーニングウェア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓流ドラマ人気は加速…TSUTAYAレンタル数も歴代1位

日本での“韓流ドラマ人気”が、加速の一途をたどっていることがわかった。 日本のCCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は5日、DVD・CDの販売及びレンタル業者「TSUTAYA」の全国1,394店舗とオンライン宅配サービス「TSUTAYA DISCAS」を通して、2010年1月から12月までの1年間にレンタルされた映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視聴率:『逆転の女王』が『アテナ』を猛追

月火ドラマの視聴率争いが激しさを増している。SBSの『アテナ:戦争の女神』(以下、『アテナ』)を、MBCの『逆転の女王』が1.1ポイント差まで追い上げ、白熱した勝負を展開している。4日に放送された『アテナ』は全国視聴率16.7%(5日、AGBニールセン・メディアリサーチ調べ、以下同じ)、『逆転の女王』は15.6%をそれぞれマーク。3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年テレビドラマを強打する期待のドラマラインナップ

2011年の新年も視聴者の心を捉えるドラマ戦争が、激しく展開される予定だ。 まずアイドルスターが総動員して話題を集めた『ドリームハイ』を始め、『ザ・ミュージカル』『ワッツアップ(What's Up)』など音楽を素材としたドラマが、お茶の間を夢と情熱でヒートアップする。また国立科学捜査研究所(『サイン』)、関税庁(『タリフ125』)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more